ロードバイクのフレームの種類

ロードバイクを購入する時に知っておきたいのが、まずはフレーム。フレーム素材とは自転車のフレームに使われる素材で、主に以下のような種類があります。

同じロードバイクでも、長距離を走るロングライド用なのか、レースに出場するためのものなのかで、適したフレーム素材が異なります。

 

比較的安価で、パワーロスの少ない「アルミ フレーム」

アルミフレームは、素材が固いため、ペダリングのパワーロスが少ないフレームと言われています。比較的安価なため1台目に買う人が多いです。

00000045_m

 

軽さがウリで高価な価格の「カーボン フレーム」

カーボンフレームの魅力は圧倒的な軽さです。その分価格が高くなってしまうフレーム素材です。デリケートな素材なので扱いに気を使う必要があります。

avant2016_DE-ROSA-Santini-Glossy

 

しなやかな乗り心地で疲れづらい「クロモリ フレーム」

しなやかな乗り心地と、細いフレームが美しいクロモリのフレーム。長時間乗っても疲れづらい素材と言われており、ロングライド用としてゆったりと乗るのがおすすめです。自転車旅行に使いたいですね。

worldcycle_bas-j-gap1977t

 

私は1台目はアルミを購入しました。ロードバイクに乗り続けるかどうか分からないし、飽きるかもしれないなら、予算はそんなに出せないなと。約3年アルミフレームに乗ってきましたが、そろそろカーボンフレームへ買い替えたい欲が出てきています。

コメントを残す