ロードバイク納車時に揃えておきたいアイテム

ロードバイクを購入したら、初めてのサイクリングまでに揃えておきたいものがたくさんあります。ざっとまとめてみました。

初めてのサイクリングに必要なアイテム

ロードバイクで走るのは絶対必要というアイテムです。

ヘルメット

ヘルメットもロードバイクに乗るには必ず必要です。安全面ももちろんですがファッションの一部だと考えましょう。試着して頭にぴったりのものを選びましょう。

グローブ

ロードバイクの乗車姿勢はママチャリと比べてハンドルに多く体重を乗せます。そのため手も滑りやすくなりグローブも必須アイテムです。

空気入れ

ロードバイクはフレンチバルブというママチャリとは違う空気入れが必要です。タイヤが細い分、空気も抜けやすくパンクもしやすいため空気圧の管理には気を使いますのでメーター付きの専用品が必要です。

ボトル・ボトルケージ

サイクリングは当然スポーツですので汗をかきます。水分補給は気をつけなければなりません。ボトルケージをにボトルを装着して走ります。

サイクリング中、ロードバイクから降りなければ必要ありませんが、コンビニに行くにも鍵は必要です。ロードバイクは盗難にあいやすいです。是非購入しておきましょう。

携帯工具

ロードバイクの調整は、ほとんど六角レンチで行います。特に最初のうちは少し走ってはサドルを上げたり下げたりなど調整することが多いでしょう。サイクリングの途中でも調整するために携帯工具は持っていた方が良いでしょう。

パンク修理セット

ロードバイクはママチャリの数倍パンクします。初心者のうちは特に頻繁にパンクします。パンクのたびに自転車屋さんに持ち込んでいたらきりがありませんので自分で修理できるように修理セットを持って行きましょう。

サイクルウェア

ロードバイクは専用のウェアがあります。もちろんロードバイク用ではない普通のスポーツウェアでもサイクリングはできますが、専用のものは快適です。

サングラス(アイウェア)

紫外線から目を守るだけでなく埃や砂、風などからも目を守ってくれます。

ライト

夜間に走る予定がなければフロントライトは必要ありません。帰りが遅くなったり突然トンネルの道に入ったときなど御守り代わりに持っておきたいです。

サイクルコンピュータ

サイクルコンピュータは「スピード」「距離」「走行時間」などを表示してくれる機械です。走っている情報がわかると楽しさもアップです。最近はスマホで代用できるアプリもあります。

コメントを残す