目的で選ぶロードバイクの種類

ロードバイクに乗って何をしたいですか?長距離走るロングライド、山を登るヒルクライム等目的によって最適なフレームがあります。

ロードバイクノフレームは目的によって違う

ひとくちにロードバイクと言っても種類は様々です。
フレームの素材だけでなく、目的によって各メーカーがシリーズを分けて販売しています。
シリーズの違いは目的の違いです。代表的なものを紹介します。

女性にオススメ。エンデュランスモデル

エンデュランスモデルは長距離を快適に走るために作られており、レースなどの急激な加速は得意ではありませんが、振動吸収性の高いフレームで路面からの振動を和らげてくれます。特徴としては上体が起きた楽な乗車姿勢で乗れるため女性には比較的乗りやすいと思います。

代表的なエンデュランスモデルはBianchiのInfinito CV、IMPUSLSO、RIDLEYのFenix、TrekのDomaneシリーズやspecializedのRoubaixシリーズ、cannodaleのsynapseシリーズなどになります。

ヒルクライムにオススメ。軽量モデル

最近は軽量さを売りにしたモデルも各ブランドからラインナップされています。
ダンシングをした時に力が逃げないようにフレームは固めで重量が軽くなっています。ロードバイクが1kg軽いだけで上り坂は随分楽になります。ただし、フレームが硬いため長距離のライドではエンデュランスの方が向いています。

代表的なモデルはBianchiのSPECIALISSIMA、RIDLEYのHeliumシリーズ、TrekのEmondaシリーズなどが軽量モデルとなります。

登坂、スプリント、平地とバランスに優れたオールラウンドレースモデル

各ブランドが一番力を入れている一番人気のラインです。オールラウンドと聞くとバランスが良く聞こえますが、あくまでもレースの中での話です。集団で走り、信号もなく、長い山も登り、下りは60km/h以上のスピード、ゴール前では全力でスプリントと云う非日常のレースの中でのオールラウンドです。旅行もできる、サイクリングもできる、レースもできるという日常の中でのオールラウンドとは全く違うので注意。

特徴としてはスプリントに耐えられる固いフレーム、登坂に耐えられる軽さ、空気抵抗が少なくなる前傾の深い乗車姿勢です。

代表的なレースモデルはBianchiのOrtreシリーズ、TrekのMadoneシリーズ、SpecializedのTarmacシリーズ、cannondaleのsupersixシリーズなどです。

空気抵抗が少なく平地で有利なエアロモデル

ロードバイクは高速で走るので、向かい風との戦いです。追い風と向かい風では上り坂と下り坂ぐらいの差があります。そのためフレームの形を工夫して空気抵抗を減らしたモデルがエアロモデルと呼ばれるロードバイクです。

フレームも固めに作られており、前傾姿勢も一番深く設定されている場合が多く、見た目も少し大げさですので初めての一台にはオススメしません。

代表的なモデルはRidleyのNOAH、SpecializedのVengeシリーズなどです。

はじめの一台はエンデュランスモデルがおすすめ

将来ロードレーサーを目指しているとかレースに関わることが想定されていないのであれば、初めの一台はエンデュランスモデルを選んでおくと良いと思います。

コメントを残す