ロードバイクのタイヤについて

最低限知っておきたいのがタイヤの種類です。

ロードバイクでは大きく分けて現在では3種類のタイヤが使われています。

完成車のまま乗っているのなら今はクリンチャータイヤがついていると思います。主流はこのクリンチャータイヤなのですが、各自特徴があるので簡単に説明します。

クリンチャータイヤ

クリンチャータイヤは、タイヤの内部にチューブを入れています。
チューブとタイヤは分離しているので、パンク修理はチューブの修理、交換だけで済みます。

メンテナンス性はとても優れているし、パンクの際にかかるコストが安く済むため初心者から全般にオススメです。デメリットは、重くる。カーボンホイールを購入の際には対応しているものが少ない。パンクしやすい事です。

チューブラータイヤ

昔からあるタイプのタイヤです。タイヤの中にチューブを入れて縫い合わせて一体化してあります。
パンク修理は素人ではほぼ不可能なため、基本的に使い捨てになります。

ホイールにはリムセメントと呼ばれる専用の接着剤で貼り付けます。接着剤の乾燥に時間がかかるのでタイヤ交換してすぐに全力では走れません。あとコストが高くなります。

このように使い勝手は悪いのですが、メリットは、空気圧を高く設定でき、パンクが少なく重量が軽いためホイールを軽量につくれます。

チューブレスタイヤ

自動車と同じ構造でチューブがありません。

メリットは原理的にリム打ちパンクしないということです。同じ太さの場合、クリンチャーと比較してチューブの分だけ空気が多く入るので乗り心地がしなやか。

チューブとタイヤの内部摩擦が無いのでロスが少なく転がりがよく感じます。貫通パンクでも気密層が補強されているので一気に空気が抜けにくいです。

パンクしてもチューブを入れればクリンチャータイプとして使えます。デメリットは、ホイールへの装着が凄く大変なことと、種類が少なく値段が高い事です。

この三種類の中で普段使いなら、クリンチャータイヤが圧倒的に使いやすいでしょう。

コメントを残す