レディースサイクルウェアのブランドまとめ(メジャーブランド編)

ロードバイクは専用のウェアを着用して走るとスピードアップだけでなく快適性やポケット配置などの機能性も高くなるためオススメです。
しかし日本ではロードバイクに乗っている女性が少ないためかサイクルウェアは男性のものばかり。
日本で手に入るレディースのサイクルウェアのブランドをご紹介します

第1弾はメジャーブランド編です。他にも海外ブランド編、自転車ブランド編と激安ブランド編を準備中です。

パールイズミ(Pearl Izumi)

パールイズミは日本のサイクルジャージの代表的なブランドです。少し大きめの自転車屋さんであれば必ず置いてあるぐらいメジャーなブランドです。
レディースのラインナップも多く、一番手に入れやすいブランドです。価格帯がリーズナブルな初心者向けから本格的なレースに対応できる高性能なウェアまで幅広く取り扱っています。最初の一枚を迷ったらパールイズミで決まりです!

カペルミュール(KAPELMUUR)

カペルミュールもパールイズミと同じく人気のサイクルウェアブランドです。
パールイズミより少しだけカジュアル寄りのブランドになります。レースシーンではなくポタリングや日常のライドに最適なブランドです。
可愛いデザインが多く、女性ライダーの着用率が非常に高いため他人と被ってしまうこともあるかもしれません。それぐらい人気のブランドです。

ラファ(Rapha)

ラファも女性に人気のブランドです。とにかくデザイン性が高く女性に大人気です。
着心地もよく全身ラファの女性ライダーも多く見かけます。少し高額ですが着用の頻度を考えるとラファのジャージを選ぶのもいいかもしれません。
パールイズミ・カペルミュール・ラファが3大レディースサイクルウェアブランドで、女性ライダーの8割は上記3ブランドを着用していると言っても過言ではありません。

シマノ(SHIMANO)

世界最大の自転車パーツブランドで日本が誇るシマノもレディース用のサイクルウェアを販売しています。
ただしラインナップは少なく、デザインもあまり・・・。

ルコックスポルティフ(Le coq sportif)

ルコックスポルティフは総合スポーツブランドでサイクルジャージもラインナップしています。
ラインナップは少ないですが、スポーツアパレルブランドらしく非常にデザイン性の高いおしゃれなジャージを販売しています。

カステリ(Castelli)

カステリはツール・ド・フランスを何度も制しているTeam Skyが今年から着用しているサイクルウェアブランドです。
レディースのラインナップは少ないですが、無地のシンプルなデザインで派手派手なサイクルジャージが苦手な方にもオススメです。ジャージだけでなくスポーツブラなどもラインナップされていますのでチェックしてみてください。

コメントを残す